家財 宅配 格安

家財宅配便と引越し業者の価格を比較する方法

家財 宅配

 

家財 配送

 

家財 運ぶ

 

家財 運送

 

家財 郵送

 

家財 輸送

 

家財 宅配料

 

大きな荷物を運びたいとき、大手宅配業者の家財宅配便があります。
料金はホームページに掲載されていますが、荷物の3辺の合計と運ぶ距離によって決まります。

 

例えば大型の冷蔵庫を同一県内で運ぶ費用は、約16000円です。
これが東京〜大阪間なら、約19000円となるのです。
この料金が高いのか安いのか・・・それは、比較できる宅配業者がほとんどないのでわかりません。

 

宅配業者で家財便があるのは大手だけなのですが、個人との契約を行っているところはヤマトさんくらいです。
多くの宅配業者が法人としか家財便を契約していません。

 

では、数の多い引越し業者は家財を運ぶのにいくらかかるのでしょうか?
それは会社によって異なるので、見積もりを取ってみるしかほうほうはないのです。

 

今は1度の情報で最大10社からまとめて見積もりを取ることができる一括見積もりがあります。
費用を安くしたいなら、できるだけ沢山の会社を比較しなければなりません。

 

家財 宅配

 

一括見積もりには、大手から地元の引越し業者まで、200社以上が参加しています

 

宅配業者の家財便は1個ずつの値段です。運びたい家財が複数個あるなら、引越し業者がオススメです。

 

引越し業者には、家財だけを運ぶサービスがあります。
利用料は無料ですので、ぜひご活用ください。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

引越しとレンタカー

 

家財 宅配 レンタカー

 

荷物が少なければレンタカーでの運送も考えますね。
レンタカーで運送する時の条件は@距離が近いこと A荷物が少ないこと B人手があることなどがあります。

 

素人はトラックに上手に積み込めないものです。
運搬中に冷蔵庫が倒れるんじゃないかと思うと怖いですよね。

 

そして荷物が多い場合は何度も往復せねばなりませんし、時間がかかるとそれだけレンタカーのレンタル料がかさみます。
それにレンタカーはガソリン代を満タンにして返さなければなりませんので、返却する際は少し早めにレンタル会社に行かねばならないのです。

 

あとは2〜3人手伝ってくれる人がいることです。
例えばタンスや洗濯機など大きなものは人手がないとトラックに積み込めません。
手伝いが1人だとその人に負担がかかって、申し訳ない気持ちになるので2〜3人は欲しいところです。

 

レンタカーで運べば安くなるイメージがありますね。

 

トラックのレンタル料は【基本料金+燃料代+保険料+その他】です。

 

これに友達への謝礼・お弁当・お茶代などもかかります。
そしてもし引っ越しの最中に家電を落として壊しても、補償がありません。

 

場合によっては、引越し業者に依頼するのとさほど変わらない場合もあります。
比較のためにも見積もりを取って比べてみるといいかと思います。

 

 

引越し業者の繁忙期と費用

 

引越し 繁忙期

 

引越し業者には繁忙期があります。

 

その繁忙期は「3月前後」になります。
この時期は受験を終えた新大学生や、就職活動を勝ち抜いた新社会人が新生活に飛び出すための準備期間です。

 

一人暮らしを始めたり、寮に入るなどして新学期に備えます。
そのため日本中の引越し業者が忙しくなるのです。

 

さらに春の人事異動で転勤が決まったサラリーマン家族や単身赴任のサラリーマンも引越しします。
そして普段通りの引越しもありますから、それはもう猫の手も借りたいほど忙しい時期なのです。

 

繁忙期に備えるためにスタッフを増員したりするため、この時期の引越し費用は他の月よりも高めに設定されています。
家財だけ運びたい場合も他の月よりも高くなるので、できれば繁忙期は避けるのがオススメです。

 

 

引越し業者の費用が安くなる条件

 

引越し 安い

 

引越し業者に支払う費用は安い方が嬉しいですね。
一括見積もりをすれば、一番安く家財を運んでくれる引越し業者を見つけることができますね。

 

しかしもっと費用を安くしたいのであれば、一括見積もりに申し込む前にまず、条件を変えてみませんか?
出来ることがあれば、もっと費用を安くすることができますよ。

 

まず3月の引越しは避けましょう。
3月は引越し業者の繁忙期ですから、どこの引越し業者も忙しくて引越し費用を安くすることが出来ません。

 

そして土日祝日、月末月初め、大安なども人気があるので引越し費用がそんなに安くなりません。
狙い目は平日です。平日の引越しであれば割引される可能性が高くなります。

 

また午前引越しと午後引越しで比較するなら、午後引越しの方が費用が安くなります。
なぜならみなさん朝から引越し作業を始めて、夜には落ち着きたいと思うからです。
午後からの引越しはあまり人気がないのです。

 

午後引越しは予定よりも遅れることもあるので、時間と気持ちに余裕がないとできません。
しかしその分、割引されるチャンスが高いので費用面で言うとオススメです。

 

あとは引越し業者に時間をお任せというフリー便も費用が安くなるのでオススメです。

 

 

おおまかな引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しのおおまかな手順を知っておくと、無駄な動きがなくスムーズです。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
見積もりは新居の情報も必要としますので、新居が決まってすぐに見積もりをするのがオススメです。
そして条件の良い引っ越し業者から予約が埋まりますので、見積もりだけで満足せずに契約までしておいてくださいね。

 

A荷物を梱包し、不用品は処分する。
荷物の梱包には案外時間がかかりますから、コツコツしておいてください。
季節外の洋服や使わないものからどんどんダンボールに詰め、不用品は売る、あげる、捨てるなどして処分しておきましょう。
最近はフリマアプリなどもあって自分で直接販売できますから、賢く利用してくださいね。

 

B市外への引越しは転出届を提出する。
転居届は引越し2週間前から提出が可能ですから、お忘れなく。
他にも市役所関係の書類は一緒に住所変更を届けておくと良いですね。

 

C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
引越し日までの料金を日割りで精算してくれますので、電話でその方法を確認してください。

 

D郵便局へ転送の手続き
郵便物が新居に届かないのは困ります。
郵便物の転送は最寄りの郵便局に転居届を提出すればできます。
その時に本人確認や住所を確認できるハガキなどが必要です。

 

E引越し当日
荷物の運搬は引越し業者が行いますので、家財の置き場所の指示、貴重品の運搬をなさってください。

 

F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。
これらの書類は引越し2週間以内に行ってください。

 

G荷解き

 

H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。
役所関係以外の住所変更をお忘れなく。

 

 

引越しと粗大ごみ

 

引越し 粗大ごみ

 

不必要な大型の家具や壊れた家電はありませんか?
いらないものは粗大ゴミとして捨てましょう。引越しはまさにそのチャンスです。

 

普通の燃えないゴミは50p以下でないと回収してくれないところが多く、粗大ゴミは持って行ってくれないのです。
粗大ごみには捨て方があって少し手配が面倒なのです。

 

市区町村によって粗大ごみの回収方法は違いますが、多くのところでやられている方法を記載しておきます。

 

ちなみに粗大ごみには取りに来てもらう方法(有料)と自分で持っていく方法(無料)とがあります。

 

取りに来てもらう方法はまずクリーンセンターやリサイクルセンターなどに連絡をし、粗大ゴミを引き取りに来てもらう日を予約します。
次にコンビニやスーパーで「粗大ごみシール」を買って捨てたい粗大ゴミにそのシールを貼り、約束の場所に時間以内に置いておきます。
そうすれば業者が引き取りに来てくれます。
シールの値段は捨てたい家財によって違いますので、調べて行きましょう。

 

自分で持っていく場合でも、ますは電話で予約をして約束の時間に自分でリサイクルセンターに持ち込みます。
この場合、粗大ごみシールを買って貼る必要はありません。
こちらは無料でできますが大きな家財の場合は自家用車に乗りませんから、軽トラックなどを持っている方などでないと難しいですね。

 

詳しくはお住いの市区町村の役場のホームページで確認してください。

 

ただし、例外があります。
エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などは家電リサイクル法で処理しなければなりません。

 

これらは粗大ごみではないため、家電を購入したもしくは新しい家電を買い替えた家電量販店での回収が必要です。

 

 

家財便を扱う宅配業者

 

家財宅配便を知っていますか?
家具などの大きなものを運んでもらうサービスです。

 

家財宅配便があるのは大手の宅配業者ですが、実際どこの会社が扱っているのか調べてみました。

 

@ヤマト運輸:家財便の取り扱いあります。
ホームページから簡単に費用を算出できるようになっていますので、運びたいものの3辺を測ってからご覧ください。

 

A佐川急便:佐川さんは有名ですが、実は法人契約しか行っていません。
個人で大きな家財を運んでもらうといったニーズには対応していないようです。

 

B日通:日通の宅配事業は法人が対象のようです。しかし、日通には「ひっこしは日通」というCMの通り、引越し部門があります。
家財は引越し部門の方で運んでもらえそうです。

 

Cゆうパック:郵便局のゆうパックは重さ30kg以下、3辺の和が170p以内の荷物しか送ることが出来ません。
家財のような大きなものは郵送できません。

 

Dカンガルー便:西濃運輸さんは個人契約できるものと、法人契約しかできないものがあります。
家財便というものはありませんが、引越し部門があるので家財を運ぶことはできます。

 

E福山通運:フクツー引越便や青春引越便というものがありますので、家財を運ぶことができます。
らくらく、エコノミー、ノーマル、節約タイプから、希望のプランを選ぶことができます。

 

このように宅配業者であっても、多くの会社には引越し部門が設けられおり、個人の家財を運ぶことができます。
ただ、冷蔵庫1個だけ、ベッド1個だけを運ぶときの値段を知りたい場合は値段表のあるヤマト運輸が一番わかりやすいです。

 

ほかは見積もりを取ってみなければ、詳しいことはわかりません。