引越し ダブル家賃

引越しでのダブル家賃の回避方法

引越し 家賃

 

引越し日を月末に設定する人が多い理由は、同じ月に家賃が2ヶ所発生するのを回避するためです。

 

現住所と新居、2ヶ所分の家賃が同じ月になると支払い倍になるのでキツイですし勿体無いですよね。
ダブル家賃にならないようにする方法はあるのでしょうか?

 

引越しをすることが決まったなら、まず大家さんや管理会社に退去の意向を連絡しましょう。

 

なぜなら入居する際に「物件を退去する場合は◯ヶ月前に伝えること」という契約をしているはずだからです。これは次の入居者を探す準備期間が必要なので、仕方がありません。
この◯ヶ月よりも短い期間で伝えた場合は、その月の家賃を請求されることもありますから先に伝えましょう。

 

それから新居を探しますが、建設中の新築であればダブル家賃になる可能性は低くなります。
ただしこれは引越し日までに新居が完成しなければならないので、かなり厳しい条件でもあります。

 

次に1ヶ月フリーレントという「最初の1ヶ月は家賃がタダ」という物件を狙う方法です。
これは可能性がありますが、自分の住みたいエリアに絶対あるとは限りません。

 

一番だれにでもできる可能性があるのは、新居の物件を管理している不動産会社に相談して、初月の家賃を日割りにしてもらう方法です。
物件のオーナーさんも長く空き物件にするのは嫌なので、時期によっては交渉に応じてくれることもあります。
ダメ元で聞いてみましょう。